SEOは変化し続ける

世界中でSEOは幅広く行われており、少しでも検索結果の上位に表示されるためにあらゆる努力をしています。

SEOで順位を上げるには、まず順位がどの様にして決定されているのかを知る必要があります。

検索エンジンGoogleのロボットがwebサイトを訪れます。そして、それぞれのwebサイトに点数をつけていきます。

しかし、問題はその点数の付け方なのです。

これはアルゴリズムという規則に基づいて決定されますが、アルゴリズムは不定期に変動しています。

そこがSEOの難しい所と言えるでしょう。

続きを読む

クリックしてほしいインターネット広告と新規ユーザーを獲得するSEO

広告はすべて目的があって活用されています。インターネット広告であれば、少しでも多くの人にクリックしてホームページに訪問し、そこで魅力を感じるだろうと思われる情報を提供し、目標達成につなげたいと考えている会社が多いでしょう。

そのきっかけとしてまずはホームページに訪れる人を増やすためにインターネット広告を利用している人が多い様ですね。

そして、一方のSEOは、ユーザーが自ら検索するというアクションを起こしているので、ユーザーの求めているホームページと上位に表示されるホームページがマッチしている可能性は高いと考えられます。

しかし、ほんのいくつかのホームページしか見ないユーザーがほとんどであるため、SEOを行ってランクアップする必要があります。

続きを読む

SEOとインターネット広告でホームページを宣伝

ホームページを宣伝するためのツールとしてSEOとインターネット広告などが利用される事も多い様ですね。これらはどのように違うのか考えて見たいと思います。

まず、SEOは検索エンジンを使って何か目的のホームページを探している人にアピールする事ができます。そして、対策には深い専門的な知識を必要とする事もあります。

一方のインターネット広告はバナーやテキストの広告がありますが、お金を支払う必要はありますが特に深い知識などがなくても行う事ができます。インターネット広告は、あるページを見ている時に片隅に表示される事が多い様です。

この様にSEOとインターネット広告は異なった特性がありますので、理解して使い分けたいですね。

続きを読む

SEOで重要なのが検索キーワードの選択

SEOをする時に重要なのが検索キーワードの選択です。

どのキーワードで上げるかを慎重に決めなければ、SEOをしても効果がでにくい場合があります。

よく検索される需要が多いキーワードは、競争率が激しいので上位表示することが難しくなりますが、存分な効果が発揮できることが期待できます。

人名や社名などの固有名詞は検索する人自体が少ないので、上位表示することは簡単ですがホームページを閲覧する人は少ないです。

このようにSEO対策をする検索キーワードの選択によって変わってくるので慎重に選びましょう。

続きを読む

自ら行いたい外部に対するSeo対策

Seo対策については、詳しい事は知らないという人が多いと思いますが、サイトの外部に行う対策として、初心者にもできる方法も考えられます。

外部に対するSeo対策の一つとして、ソーシャルサービスでの情報配信を行うという事です。

外部に対するSeo対策と聞けば難しく感じるかもしれませんが、TwitterやFacebookなどの更新となれば、日常的に行っている人も多いでしょう。

外部に対するSeo対策として行うのであれば、できるだけ有益な情報を配信したいですね。

すでに外部に対するSeo対策としてソーシャルサービスを利用している企業はたくさんありますので、参考にしてはどうでしょうか。同業種の企業であれば、参考になる事は多そうですね。

続きを読む