ホームページ制作に携わる複数の人

一人の人が最初から最後までホームページ制作を手掛ける事もあれば、そうではないケースもあります。実際に仕事では複数の人が携わる事もあります。

納期が早い場合であれば、複数のwebデザイナーが同時に作業を進めていく事もあるでしょう。また、デザイナー、コーダーなどに分担して仕事をしている場合もあります。ホームページ制作に複数の人が携わると、進行状況などをできるだけすべての人が把握している必要があります。

顧客から問い合わせがあった時や、作業を進める上で、話を共有しておくというのは非常に大事になる事もあります。もしくは窓口の担当を決めておくなどしておくと、やりやすいかもしれません。

続きを読む

SEOとインターネット広告でホームページを宣伝

ホームページを宣伝するためのツールとしてSEOとインターネット広告などが利用される事も多い様ですね。これらはどのように違うのか考えて見たいと思います。

まず、SEOは検索エンジンを使って何か目的のホームページを探している人にアピールする事ができます。そして、対策には深い専門的な知識を必要とする事もあります。

一方のインターネット広告はバナーやテキストの広告がありますが、お金を支払う必要はありますが特に深い知識などがなくても行う事ができます。インターネット広告は、あるページを見ている時に片隅に表示される事が多い様です。

この様にSEOとインターネット広告は異なった特性がありますので、理解して使い分けたいですね。

続きを読む

ECサイト構築について

ECとは、「e-commerce」(電子商取引) の略で、ECサイトとは、インターネットを利用して販売・契約・決済などの取引をするウエブサイトのことです。

また、ECサイト構築には、制作する会社によってパッケージ化されているものがあり、短期間でお店をオープンさせることもできます。

初めての方でもノウハウを丁寧に教えてくれるところもありますので、安心してECサイト構築をお願いすることができます。

テンプレートなどを利用する事なく、ゼロからECサイトの構築を行なうのは大変お金がかかる事もあります。というのもECサイト構築は専門的なプログラミング言語がいくらか使われています。

そのため、多くの人が制作に携わる事もあります。

作るのにも時間がかかりますが、エラーなどの問題がなく無事に作動するかどうかチェックするのにも時間がかかります。それだけの人件費が必要になってきます。

また高度な技術がない人は行なう事ができないので技術料などが必要になってきます。

続きを読む

ホームページ制作ではユーザーの立場に立つ

ホームページ制作のプロがホームページ制作を行う際はユーザーの事を考えないといけません。ホームページ制作を行っている時はついつい作る事ばかり考えてしまう人もいます。

ホームページ制作のプロはユーザーの立場に立って考える事を常に行っています。レイアウトを考える際に迷った時は、どうすればユーザーが利用しやすいかという事を考えないといけません。

どんなに見た目がきれいなサイトを作っても使い勝手が悪いなら、ユーザーに何度も利用してもらう事は厳しいでしょう。多くのユーザーがどの様に感じるかという感覚を身につける事がホームページ作成では大切なのではないでしょうか。

続きを読む

校正作業を怠らないホームページ制作

たくさんの文章がホームページ制作では必要になってきます。
ホームページ制作を終えてサーバーにアップする前でやっておくべき作業がまだ残ってます。

それはホームページ制作に欠かせない校正作業です。
ホームページ制作において文字などの間違いが発見される事もあります。

特にホームページ制作においては、会社の問い合わせ先である電話番号などが記載されている事もあり、もしミスをしていると全く問い合わせが来ないという事も発生するでしょう。もし、余裕がある場合には、複数の人で確認する作業を行った方がいいかもしれませんね。また商品情報などについても誤りがない様に細心の注意を払いたいですね。
大阪、東京でホームページ制作をするなら。

続きを読む