クリックしてほしいインターネット広告と新規ユーザーを獲得するSEO

広告はすべて目的があって活用されています。インターネット広告であれば、少しでも多くの人にクリックしてホームページに訪問し、そこで魅力を感じるだろうと思われる情報を提供し、目標達成につなげたいと考えている会社が多いでしょう。

そのきっかけとしてまずはホームページに訪れる人を増やすためにインターネット広告を利用している人が多い様ですね。

そして、一方のSEOは、ユーザーが自ら検索するというアクションを起こしているので、ユーザーの求めているホームページと上位に表示されるホームページがマッチしている可能性は高いと考えられます。

しかし、ほんのいくつかのホームページしか見ないユーザーがほとんどであるため、SEOを行ってランクアップする必要があります。

続きを読む

SEOとインターネット広告でホームページを宣伝

ホームページを宣伝するためのツールとしてSEOとインターネット広告などが利用される事も多い様ですね。これらはどのように違うのか考えて見たいと思います。

まず、SEOは検索エンジンを使って何か目的のホームページを探している人にアピールする事ができます。そして、対策には深い専門的な知識を必要とする事もあります。

一方のインターネット広告はバナーやテキストの広告がありますが、お金を支払う必要はありますが特に深い知識などがなくても行う事ができます。インターネット広告は、あるページを見ている時に片隅に表示される事が多い様です。

この様にSEOとインターネット広告は異なった特性がありますので、理解して使い分けたいですね。

続きを読む

SEOやリスティング広告を導入する

会社のホームページを運営している人であれば、SEOやリスティング広告について最近よく聞く様になったので、うちでもそろそろ導入するか、と考えている担当者もいるかもしれませんね。

SEOやリスティング広告を行う事で得られる効果というのは訪問者を増やす事です。結果としてSEOやリスティング広告が成功すると、認知が広がったり、購入客が増えたりします。

しかし、無限にSEOまたはリスティング広告に費やせる費用が会社にはないという事もあると思います。

ですので、SEOやリスティング広告をとにかく行えばいいというのではなく、バランスを考えて、どの集客対策にいくらの費用をかけるのかを考えないといけませんね。
片方だけに費用をかけるより、両方を活用して相乗効果を狙いましょう。

続きを読む